一般的な脱毛施術の方法と施術中の痛みのケアについて

女性にとって脱毛は、日々の美を追究する上でも決して欠かせないもの。しかし仕事や家事で忙しい毎日の中で自己脱毛を行うのは大変煩わしく、ついついケアも疎かになってしまいます。そんな手間隙を払拭して手軽に美を獲得するためにもエステやクリニックを活用して専門施術を受けるとよいでしょう。


とはいえ脱毛施術には様々な手法があります。

最も一般的なものだとレーザーやフラッシュ、それにニードルを使った施術が挙げられます。


前者は特殊なレーザーやフラッシュを照射することで毛穴奥の毛根が持つ黒いメラニンと反応させるというもの。

これらの熱エネルギーが毛根に集中して温度を高め、最後には破裂音とともに組織が弾け飛ぶこととなります。

こうして成長力を粉砕することでムダ毛を払拭することができるのです。一方、ニードル施術では微量の電流を流した針を毛穴に刺して、手作業にて毛根を破壊します。

これは極めて効果があるものの、施術のスピードと手間隙の面ではデメリットもないとは言いきれないでしょう。

@niftyニュースの情報を求める人におすすめのサイトです。

いずれも自らがどんな条件で施術を選択するかがポイントとなっていきます。

また、これらの施術では痛みが付きものです。

レーザーやフラッシュでは毛根が弾けるたびに輪ゴムで弾くような痛みが生じます。



またニードルではチクチクと刺す痛みがダイレクトに伝わってきます。

これらの刺激に耐えられない場合には我慢せずに脱毛士に伝えると、患部をこまめに冷やしたり、沈痛クリームを使ったりといった処置で痛みを緩和してくれることでしょう。

RAYVISの口コミの情報はこちらのサイトです。